カードローン 返済遅延

返済できない場合

カードローンはとても便利なものですが、簡単に言ってしまえば借金です。借りたお金は返さなければなりません。返済日が設けられているので、当日かその日までに決められた金額、または余裕があるときはそれ以上の金額の返済(繰り上げ返済)をしなければなりません。

 

ここで注意しなければならないのは、もちろん返済遅延・未払い・滞納です。借りているものなんですから返さなければなりませんし、期日は守らなければなりません。
しかし、お給料が入る日がずれてしまったり、返済分からお金を出さなければならないような出来事があって返済日に間に合わない…!という事態に陥ってしまう可能性もあります。そういった際はどうすればよいのでしょうか?

 

仮に遅れてしまうとなった際は、すぐにカードローンの会社か担当者の方に電話で連絡を入れましょう。何も言わずに遅れてしまうより連絡を入れた方がまだ印象は良いです。ですが信用度は下がります。これは覚悟しておきましょう。
その際に、いつまでに返済が出来る、又はいつまでに返済をすればいいか等の相談をしましょう。

 

ですが、口座から自動的に引き落とされるという返済方法の場合、返済額が足りなかったという事に気付くことが出来ない場合もあります。
そのような事態等で、何も言わずに返済することが出来なかった場合は、カードローンの会社から電話かはがきでの連絡が来ます。
ですが、強引な取り立て等が貸金法で禁止されていますので、きちんとした会社からは「どうされましたー?」という確認の電話が来ます。それか、いつまでに返済をしてください・電話をくださいといった内容のはがきが来ます。
そういった際は、はがきに書いてあることにしたがって、その日までに返済をするか、電話でしたら担当の方とよく相談を行ってください。

 

ちなみに、1回返済を遅延したらブラックリストに載ってしまうのでは?と不安に思う方もいますが、1回や2回の返済遅延ではブラックリスト入りにはなりませんのでご安心ください。だからといって遅延をしていいわけではありません。ここは理解しておいてくださいね。遅延を繰り返すことで信用度は落ちていきますよ。
ブラックリストに載ってしまう条件は、3か月以上の返済額の滞納をしてしまうか、返済の遅延を繰り返し、その会社からの信用度が全くなくなってしまったときに載ってしまうと考えてください。
会社からの信用度がなくなってしまった際は、カードの利用停止等の処分が取られます。

 

更に、返済を遅延してしまった際は、返済額にプラスして「遅延障害金」といういわゆる迷惑料を支払う義務が発生します。これは会社によって異なる場合がありますので、会社に確認を行いましょう。

 

借りたお金は返すもの、返済の遅延なんてしてはいけませんよ?
ご利用は計画的に行いましょう…。