カードローン 返済 端数

返済額の端数金額

カードローンで借りたお金を返済する際、ATMを利用して返済を行っている方がほとんどだと思います。毎月○千円ずつ、毎月○万円ずつといったように決められた金額を支払っていても、その中に利息が含まれているので、減る元金はそれよりも少ない金額です。
その為、元金の残高が1000円未満になってしまう時もあります。数百円だけ残ってしまうということは珍しくありません。
ですが、コンビニのATM等は小銭を取り扱っていない場合が多いのです。小銭が使えないから、残りのこの数百円分はどう返済すればいいのだろう?と、不安に思っていた人は多いと思います。

 

これはカードローンの会社によっても異なってきますので、カードローンの会社に電話をして聞いてみることが一番かと思われます。
例えば、その端数金額分だけ銀行で返済をさせたり、小銭でも応対しているATMでの返済を指示する会社もあります。
他には、1000円未満の端数金額が出たら、その時点で今回のローンは完済とみなし、次回借り入れを行った際の初月の返済金額分に含ませるという方法を取る会社もあります。
このように、返済金額の端数金額の返済方法は会社によっても様々です。会社によっては返済方法を選んだり相談することもできるので、もしも気になる方がいるようでしたらカードローンの会社にお電話で聞いてみることをお勧めします。