カードローン 遅延損害金

遅延損害金とは?

もしも仮に、カードローンで借りていたお金が返済期日までに返済できなかった場合、返済の義務を果たせなかったとして、カードローンの会社に「遅延損害金」という損害賠償金を支払わなければなりません。
金額は借りた金額や会社によっても異なってきますので、具体的にいくらか?というものははっきりとは言えません。ですが、上限の利率等は決まっています。制限利率の1.46倍と言われていて、カードローンでお金を借りるよりも高い利率になってしまうことが分かりますね。つまり返済を滞らせると損をするのは自分という事です。
具体的な金額はカードローンの会社によって違い、契約時に説明があるか書類に記入されている場合がほとんどなので、確認しておきましょう。

 

更に、会社によっては遅延損害金がない場合もあります。そういった場合は返済を延滞しても遅延損害金は支払わなくても大丈夫です。遅延損害金はないという話だったのに請求された、というようなことがあった場合には、弁護士等に相談をすることをお勧めします。
ですが、今はどこの会社も遅延・延滞時の遅延損害金の支払いが要求されています。ない会社を探す方が難しいと思われます。

 

遅延損害金についてご説明しましたが、借りたお金は返すことが常識ですし、義務です。遅延や延滞を行わないように返済をすることは当然のことです。
ここで「遅延損害金支払うのかよ…」なんて落胆するのはお門違いですよ。会社にとっての損害なので当然のことです。
遅延損害金を支払わなくて済むように、毎月計画的に返済を行うことが一番です。